2011年03月31日

電磁波との闘い(東京都江東区東陽町)

東京都江東区東陽町 東京メトロ東西線東陽町駅南東
永代通り東陽四丁目交差点を南下した場所
スカパー東京メディアセンター

マンション、ファミリータウン東陽との境界


ここが人間と電磁波との闘いの最前線になっている事を先日知った

mini_110328_16420002.jpgmini_110328_16410001.jpg
ここに置くな!!
脳と体を おびやかす
スカパー巨大アンテナ
との横断幕
mini_110328_1640b.jpg
裏はこうなっている
mini_110329_1844.jpg
みんなの力で(顔3個)
電磁波の健康被
害をはね返そう!!

「スカパー アンテナ 反対」でGoogle検索して出てくるサイト
スカパー巨大アンテナに反対する『スカパーから生活環境を守る会』ホームページ --- 東京都江東区東陽 ---
http://www.geocities.jp/kotofamily2006/index.html
地上からでは見えない、スカパー東京メディアセンター屋上に設置された大型アンテナの写真が掲載されている

スカパー巨大アンテナに反対する住民の会 公式ホームページ
http://www.ab.auone-net.jp/~fmt/skphp2.htm
上の団体とは別?
2013年2月20日追記:
いつの間にか和解していた?
私たちは提訴以来、6年間闘って参りましたが、このほど、
スカイパーフェクトとの和解が成立し、終止符を打つことになりました。

電磁波問題・テクノエーオーアジアが国内最新電磁波関連ニュースをご紹介
http://www.tecnoao-asia.com/press_OhmyNews20080309.html
「電磁波防止 導入実績No.1」企業との事
「水は知的生命体である」という本を出している(出版は風雲舎から)
posted by s at 23:10 | TrackBack(0) | 土地、建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

文京ふるさと歴史館で「子どもの遊びと学び ―おもちゃ絵を楽しむ―」を見た事

2011年3月21日(月・祝)昼すぎ雨
印刷博物館で「鯰絵の世界」を見る
文京ふるさと歴史館でおもちゃ絵の展示がある事: 忘却亭日乗
http://boukyakutei.seesaa.net/article/183916348.html
これに行った

田村家資料を中心に

『八百屋お七組上げ 四枚ゝき』歌舞伎『松竹梅湯島掛額』八百屋お七の火事
組上げ絵は上方からの下りものとの事
『しん板切組灯籠』

福笑いや着せ替え
『新板さつ尽』千萬圓 億萬圓 こっちの字だったか
ビイル雛壇の寝る子は?

1873明治6年の「幼童教育ノ為メ絵画器品班布」教育浮世絵
参考
西和夫「明治6年の住宅建設絵解き」神奈川大学『非文字資料から人類文化へ −研究参画者論文集−』2008年3月発行 A4判 114ページ
http://www.himoji.jp/jp/publication/pdf/seika/701/02-001-025.pdf
神奈川大学 21世紀COEプログラム 人類文化研究のための非文字資料の体系化
http://www.himoji.jp/jp/popup/publication/seika_070101.html
梃子の原理の解説絵等
唯一名の分かっている教育錦絵絵師は曜斎国輝(二代歌川国輝、元二代目歌川国綱)

『小学入門双禄』
魚や筍等で出来た『五十音ノ図』

『新板原物尽し』ジイヌ
『新板海物尽』土肉と書いてナマコ? 怪獣のような想像上のシャチ
『新板天満宮尽』最上段左から江戸亀戸、京北野、大阪天満
『しん版行商人尽』玉すだれ、曲芸笛太神楽
『(上方屋かるた)出世双六』前田長兵衛 双六屋が栄える様の双六、得意客に配った非売品
『新板猫の温泉』三毛会話無し
『行水猫のたわむれ』よし藤 三毛会話有り
『流行温泉の図』神山清七発行
『中天竺舶来之軽業 元治元年弥生上旬より武州横浜の地に
おゐて興行之図』芳虎
posted by s at 22:45 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

紙の博物館で「おもちゃ絵の世界 〜見る・作る・遊ぶ・学ぶ〜」をやっている事

アクセス | 紙の博物館
http://www.papermuseum.jp/info/access.html
JR京浜東北線 王子駅南口より 徒歩5分
東京メトロ南北線 西ヶ原駅より 徒歩7分
都電荒川線 飛鳥山駅より 徒歩3分
都バス(王40甲・王55・草64系統)飛鳥山バス停より 徒歩4分
北区コミュニティバス 飛鳥山公園バス停より 徒歩2分
住所:東京都北区王子1-1-3
電話:03-3916-2320
開館時間:午前10時〜午後5時
2011年度 | 紙の博物館
http://www.papermuseum.jp/exhibit/temporary/2011/0326.html
おもちゃ絵の世界 〜見る・作る・遊ぶ・学ぶ〜
会期:2011年03月26日(土)〜2011年05月29日(日)
休館日:月曜日、5/6(金)
「おもちゃ絵」とは、見て楽しむだけでなく、工作したり遊ぶために、さらに遊びながら学べるように作られた実用の浮世絵版画です。絵を切り抜いて、貼ったり組み立てて立体に仕上げる、現在のペーパークラフトのような「立版古(たてばんこ)」、なぞなぞ遊びの「判じ絵」、図鑑のような「もの尽くし絵」、折りたたんだりめくったりして絵が変わる「変わり絵」、その他「着せ替え絵」、上下絵など、バラエティーに富んでいます。子どもだけでなく、立版古など複雑なものは、大人も楽しんだことでしょう。

 おもちゃ絵は実際に遊ぶという性質上、消耗品として捨てられてしまう運命にあり、現存しているものは大変貴重です。限られた紙面の中に、素晴らしい構図で当時の風俗や流行などが凝縮された、ワクワクするような魅力あふれるおもちゃ絵の世界をご紹介します。


主な展示資料
  ・「組上三枚つづき 頼朝公放生会の図」 芳藤画
  ・「自動車の組立」 春暁画
  ・「江戸名所はんじもの」 重宣画
  ・「しん板猫のおんせん宿」 国利画
  ・「新板かつらつけ」 周延画
  ・「風流百眼」 芳盛画
  ・「紙袋包かみつくし」
  ・「お伽昔話づくし図 豆本」                 

注)会期中、展示替えをおこないます
  [前期:3/26(土)〜4/24(日)/後期:4/26(火)〜5/29(日)]

【お知らせ】

このたびの東北関東大震災で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

当初の予定では、3月19日(土)からの会期としておりましたが、一週間延期して3月26日(土)からといたします。
お客様には大変なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

イベント
【5/3(祝)】浮世絵手摺(ず)り実演会 実演:沼辺伸吉氏(摺師)
【5/15(日)】講演会「おもちゃ絵の世界‐遊べる浮世絵」講師:藤澤紫氏(国際浮世絵学会常任理事)
posted by s at 12:13 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

台湾のちんぽ焼き

ロケットニュースの記事なので、誇張があるかもしれません。

台湾でティンティン型のお菓子が大人気! 女子高生や少女も興味津々 – ロケットニュース24(β)
http://rocketnews24.com/?p=83017


Twitter / 宇野幸一/日本語教師,中国語翻訳者: 台湾全国でも2軒しかない。大人気というのは言い過ぎ。
http://twitter.com/koichiuno/status/51988207469985793
との意見も
posted by s at 23:08 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナの裸女団体FEMENが半裸で震災に遭った日本を励ましていた事

10日以上前のニュース
緊急事態への日本人の対応を賞賛し、東北地方太平洋沖地震からの復興を願っている模様
femen: Пусть трясутся только наши сиськи
http://femen.livejournal.com/142277.html

LET'S SHAKE BOOBS AND NOT EARTH
大地ではなく、乳を揺らそう
との事

ウクライナ人女性が裸で震災に遭った日本を応援 - お宝エログ幕府
http://blog.livedoor.jp/samplems-bakufu/archives/51211892.html
posted by s at 18:52 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細江英公写真展「死の灰」に行き、第五福竜丸元乗組員大石又七の話を聞いた事

ARDA | トップページ
http://www.arda.jp/top.html
を元に記憶を再生

2008年2月3日(日)
東京にしては大量の雪が降っていた日

〒167-0043
東京都杉並区上荻1-23-15
杉並公会堂グランサロン
http://www.suginamikoukaidou.com/guide/salon.html
細江英公写真芸術研究所/Eiko Hosoe
http://www.eikoh-hosoe.jp/index.html

細江英公・人間写真展       
「平和へのメッセージ『死の灰』」DEADLY ASHES
2008年2月2日(土)〜2月10日(日)

細江英公 人間写真展 写真絵巻「死の灰」 at 杉並公会堂 | アワガミファクトリーだより
http://awagami.jugem.jp/?eid=189
から引用
2000年前のポンペイの死者たちから聴こえてきた。
「天災は避けられない宿命だが、核兵器は人間が作ったものだから、現代人の決意と英知で避けることができる」と。
ポンペイからヒロシマまで時空の彼方から〜写真と言葉で伝える。
「原水爆禁止」市民運動発祥の地、杉並よりおくる“平和へのメッセージ”展。

<写真絵巻「死の灰」展によせて>
長い人類の歴史の中で20世紀ほど罪深い世紀はないだろう。1945年8月6日広島に、その3日後の8月9日に長崎に人類史上初めての大量破壊兵器であり、大量殺戮兵器である原子爆弾がアメリカ軍によって投下された。以来、アメリカの他にロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエルなどが核兵器を保有し、人類は20世紀の後半から核時代に突入した。それは、われわれが再び「死の灰」を浴びる可能性があるということだ。
-細江英公-

●2/3(日)14:00〜「第五福竜丸・乗組員が語る『死の灰』
講師:大石又七(「第五福竜丸」 元 乗組員)(無料)

空の色が端から赤く変わっていった事
帰還後の乗組員達の沈黙の事

記憶が再生したらまた何か書き足す

ビキニ被曝(ひばく)から54年 被災した第五福竜丸の元乗組員 大石又七さんにインタビュー - ボイス - Hiroshima Peace Media Center
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20080526202726818_ja


posted by s at 17:08 | TrackBack(0) | 気象、星辰、自然、科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

ウラン、ウラノス、ウラニア(星々と元素と神々の名)

The Straight Scoop on Uranium
http://www.allchemicals.info/articles/Uranium.php
やWikipedia等を参考にした

ドイツで生まれイギリスに移住した音楽家/天文学者ハーシェルSir Frederick William Herschelが
1781年3月13日、新天体を発見
ゲオルギウム・シドゥスGeorgium Sidus
(ジョージの星の意、英国王ジョージ3世の治世下に発見された事を記念し)
と名付ける
のちジョージアン・プラネットGeorgian Planet(惑星ジョージ)に改名
しかしこの名は諸外国では定着せず(特にフランス)

ベルリンの天文学者ヨハン・ボーデJohann Elert Bodeが
ウラノスUranus(天王星)と呼ぶ事を提案
土星(サターンSaturn/クロノスCronus)は木星(ジュピターJupiter)の父であるから
新惑星にサターンの父である天空の神ウラノスの名を冠した
これが定着する

他にハーシェルの名で呼ぶ案等
Amazon.com: Customer Discussions: Uranus
http://www.amazon.com/Uranus/forum/Fx25R4RUS3MJSMU/Tx2M7SMHGY1RGOT/
によると
Astraea, Cybele, Neptune, George III's Neptune, Great-Britain's Neptune, Hypercronius, Transaturnis, and Austräa
の案もあった?

ベルリンの化学者マルティン・クラプロートMartin Heinrich Klaprothが
1789年、ピッチブレンドと呼ばれる鉱石から新物質を分離
これをウランUranと命名(実際は酸化ウラン)
(クラプロートはボーデと同じプロイセン王立アカデミーの会員であった、ウラン命名の際にボーデからの助言があった?)

1841年、フランスの化学者ウジェーヌ・ペリゴーEugène-Melchior Péligotが
金属単体としてのウランの分離に成功

1897年、アンリ・ベクレルAntoine Henri Becquerelが
ウランが放射線を出す事(ウランの放射能)を発見
彼の名は後に放射能単位ベクレルBqと成る


天を支配する神
ウラノス/ウラヌスの去勢 サトゥルヌス クロノス
偉大なるミューズ/ムーサ、ウラニア
ワーズワースの詩
ネプチューンと海王星とネプツニウム
プルートと冥王星とプルトニウム
の事は後で書く
posted by s at 07:22 | TrackBack(0) | 民俗、神話、宗教、歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする