2011年05月30日

雲の上の塔(雲に触る東京スカイツリーの写真、雲を凌ぐ(ような)塔と云えば浅草凌雲閣である事)

2011年5月30日朝の東京スカイツリー
画像クリックで拡大する写真
SN3O0038.JPG

雲を凌ぐ(ような)塔と云えば嘗て、明治から大正期に浅草に在った凌雲閣である

凌雲閣 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%8C%E9%9B%B2%E9%96%A3
高さ 173尺(約52m)
設計者 ウィリアム・キニンモンド・バートン(バルトン)
探検コム
浅草十二階(凌雲閣)
http://www.tanken.com/ryoun.html
関東大震災の惨状
http://www.tanken.com/sinsai.html
震災直後の浅草12階(大正12年) - 日本古写真倶楽部 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/dokidoki_puck/18859344.html

大正12(1923)年9月1日の関東大震災で凌雲閣は壊れてしまった
平成23(2011)年3月11日の東日本大震災で東京スカイツリーは壊れなかった

YouTube - 03/11 東日本大地震・東京スカイツリーのゲイン塔が揺れる!

YouTube - Japan quake in Tokyo 震災時のスカイツリー付近
posted by s at 23:09 | TrackBack(0) | 土地、建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

「没後150年 歌川国芳展」は森アーツセンターギャラリーでもある事

2011年5月29日(日)現在、大阪市立美術館でやっている國芳の展覧会は静岡と東京にも巡回する事

没後150年 歌川国芳展[ Kuniyoshi: Spectacular Ukiyo-e Imagination ]
http://kuniyoshi.exhn.jp/
大阪展:2011年4月12日(火)〜6月5日(日) 大阪市立美術館 ※会期中、展示替えを行います。前期:4月12日(火)〜5月8日(日) 後期:5月10日(火)〜6月5日(日)
静岡展:2011年7月9日(土)〜8月21日(日) 静岡市美術館
東京展:2011年12月17日(土)〜2012年2月12日(日) 森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ)

大阪市立美術館
http://www.osaka-art-museum.jp/
静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/
森アーツセンターギャラリー - アート | 六本木ヒルズ - Roppongi Hills
http://www.roppongihills.com/art/macg/
posted by s at 20:14 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

網野善彦『「日本」とは何か』を読んで検索した色色リンク集(第三章の2)

網野善彦『「日本」とは何か』日本の歴史00 講談社 2000年


ページは単行本(左)の方

第一章と第二章
第三章の1
第三章の3から最後まで

第三章 列島社会と「日本国」
2 「日本国」とその国制

p.105
列島北方のツングース系の民族ともいわれる「粛慎(みしはせ)」の「制服」にのり出し、これらの人々を一応、「朝貢」させていた。
鬼 粛慎(みしはせ)
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-1-7.htm
粛慎 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%9B%E6%85%8E

pp.108-109
ある著名な洋酒会社の社長が、テレビの首都移転問題の討論で、仙台が名のりをあげたのに対し、「あのような熊襲の住んでいる未開なところに、首都を移せるものか」という趣旨の発言をして大変な物議をかもしたことがある。
サントリー

p.110
宣教師アンジェリス
根室市役所 [ 広報ねむろ/(平成15年4月)学芸員 ]
http://www.city.nemuro.hokkaido.jp/dcitynd.nsf/doc/881111B70CD341EC492570E5000BE3B5?OpenDocument
日本語教育学特殊講議U (ロング先生)    史学科2年 9810333 中村実延子
http://nihongo.human.metro-u.ac.jp/~long/longzemi/nakamura.htm

p.113
直線道路は古代帝国の本質に関わる道路のあり方
歴史1 古代の街道
http://kaidouarukitabi.com/rekisi/rekisi1.html
木下良「古代日本の計画道路 ―世界の古代道路とも比較して―」『地学雑誌』第110巻 (社)東京地学協会 2001年
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf110-1/115-120.pdf

p.116
いまの皇太子は堅実な学風を持つ日本中世史家として、学会誌に論文を発表しているが、そのときの署名は「徳仁親王」としている。
CiNii 検索 -  徳仁親王
http://ci.nii.ac.jp/search?q=%E5%BE%B3%E4%BB%81%E8%A6%AA%E7%8E%8B&range=0&count=20&sortorder=1&type=0
網野善彦と皇太子・徳仁親王: つばめ飛ぶ 餌を取りては 子のもとへ
http://tosa-toad.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_6d6a.html
徳仁親王・木村真美子「西園寺家所蔵『公衡公記』」
http://www015.upp.so-net.ne.jp/gofukakusa/naruhitoshinno-saionji.htm
◆◆日本史研究者としての皇太子◆◆
http://mimizun.com/2chlog/history/mentai.2ch.net/history/kako/1006/10067/1006744290.html

p.117
最古の戸籍(大宝ニ・702年)(正倉院宝物)
筑前国嶋郡川辺里戸籍断簡 - e国宝
http://www.emuseum.jp/detail/100059/000/000?mode=detail&d_lang=ja&s_lang=ja&class=&title=&c_e=®ion=&era=¢ury=&cptype=&owner=&pos=393&num=8
筑前国嶋郡川辺里大宝二年戸籍断簡とは - 国指定文化財等データベース Weblio辞書
http://www.weblio.jp/content/%E7%AD%91%E5%89%8D%E5%9B%BD%E5%B6%8B%E9%83%A1%E5%B7%9D%E8%BE%BA%E9%87%8C%E5%A4%A7%E5%AE%9D%E4%BA%8C%E5%B9%B4%E6%88%B8%E7%B1%8D%E6%96%AD%E7%B0%A1
岐阜県 富加町|日本最古の戸籍ゆかりの町
http://www.town.tomika.gifu.jp/shisetsu/siryoukan/index.html
奈良正倉院に残る最古の戸籍 
http://www.town.tomika.gifu.jp/shoukai/saiko_koseki.html
半布里戸籍を読もう!
http://www.town.tomika.gifu.jp/kouhou/345/index6.htm

p.123
「若狭国一二宮禰宜系図」の(略)「唐人」(略)「黒童子神」
本地垂迹資料便覧
http://www.lares.dti.ne.jp/~hisadome/honji/
の 若狭彦
http://www.lares.dti.ne.jp/~hisadome/honji/files/WAKASA.html

p.124
養老六(七ニニ)年、長屋王の政府が良田百万町歩の開墾令を発した
百万町歩開墾計画 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E4%B8%87%E7%94%BA%E6%AD%A9%E9%96%8B%E5%A2%BE%E8%A8%88%E7%94%BB

p.125
和名類聚抄 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E5%90%8D%E9%A1%9E%E8%81%9A%E6%8A%84
早稲田大学図書館蔵
http://www.littera.waseda.ac.jp/wamyou/

拾芥抄 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%BE%E8%8A%A5%E6%8A%84
京都大学附属図書館所蔵 重要文化財 『拾芥抄』
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/ja4/ja4cont.html
慶長版「拾芥抄」行基図
http://ch.kanagawa-museum.jp/dm/kotizu/nihonzu/d_nihonzu01.html

海東諸国紀 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%9D%B1%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E7%B4%80
海東諸国紀全文テキストデータベース - University of Tsukuba Library
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/B1241189/1/vol06/kaitosho.txt

たはらかさね耕作絵巻
東京大学史料編纂所 ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI「史料からみる日本の歴史」
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/conference-seminar/science/
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/conference-seminar/science/ez02.html


p.128
日本後紀
http://www013.upp.so-net.ne.jp/wata/rikkokusi/kouki/kouki.html

p.131
文正草子 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E6%96%87%E6%AD%A3%E8%8D%89%E5%AD%90
京都大学附属図書館所蔵 奈良絵本コレクション [しほやきぶんしやう(塩焼文正)]
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/n41/index.html
posted by s at 17:22 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太田記念美術館で国芳展や芳艶展、「江戸のパワースポット」という展覧会がある事

太田記念美術館
リンクを貼るのに許可がいる
原宿
基本月曜休

國芳の展覧会

没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳
前期 豪快なる武者と妖怪 6月1日(水)〜6月26日(日)
後期 遊び心と西洋の風 7月1日(金)〜7月28日(木)

歌川芳艶 〜知られざる国芳の門弟
8月2日(火)〜8月26日(金)

江戸のパワースポット
9月1日(木)〜9月25日(日)
posted by s at 15:20 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」が国立西洋美術館である事

ゴヤ展

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影
http://www.goya2011.com/
チラシ
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/pdf/goya201110.pdf
国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/jp/

2011年10月22日(土)〜2012年1月29日(日)

40年ぶりに日本に来る『着衣のマハ』がチラシのトップに成っている
1971-1972年に国立西洋美術館でやったゴヤ展の図録はうちにあるが、今何処にあるかわからない)
今回は『裸』の方は持って来れないらしい
この『マハ』が、展覧会のタイトルにもなっているゴヤの「光と影」の「光」の方の代表作だろう
(『マハ』の中にも「光と影」が共存してはいるが)
私はゴヤの、魔的なものや死や人間の禍々しい側面らを描いた、暗い絵が好きだ
その「光と影」の「影」の方は何が来るのだろう?
今アップされているチラシからでは、影の方は分からない
所謂『黒い絵』Pinturas negrasシリーズは来ないと思うが…

参考
ゴヤの黒い絵、全作品
http://www.abaxjp.com/goya-black/goya-black.html
三重県立美術館/ゴヤ《戦争の惨禍》 一覧 Goya"Los desastres de la guerra" Mie Prefectural Art Museum
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/collection/goya_guerra/goya_guerra.htm
posted by s at 13:22 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FINLAND FEST 2011でMOONSORROW、LAPKO、myGRAIN、OUTRAGE、KORPIKLAANIを見た事

2011年5月28日(土)
恵比寿リキッドルーム
pm5-10頃

コルピは4年ぶりに見た
コルピ以外は予備知識ほぼ無しで見た

MOONSORROW ムーンソロウ
顔血ダレメタル ドゥーミィ プログレ的な 勇壮な 民俗的な ハゲのギターの人が歌う箇所いい

LAPKO ラプコ
3人 変則的 近未来感 プログレ的 ドドドドラム 若い声 何故か日本らしさ(V系感)を感じる

myGRAIN マイグレイン
ちゃんとしたメタルコアデス 印象的ぐにゃキーボード出演者で唯一女性

OUTRAGE アウトレイジ
名古屋 名は知っていたが初めて見聞きした 出囃子ツェッペリン移民の歌らしくズンドコメタル ヴォーカルの人が見た目普通すぎ(次長課長の河本みたい)で逆に新鮮 手で空(気)を練ったり掴んだりして音を操っていた(太極拳的)、トウキョウ・カンタート2011のキャリントン、フジロック1998で見たビョーク、イエスのジョン・アンダーソンらも同様の事をやっていた

コルピの前に会場で流れていた曲、多分フィンランドの、民謡を取り入れたポップス、ロックら面白い

KORPIKLAANI コルピクラーニ
大変に楽しく最後には客が輪になって踊った
セットリストは大分忘却し、以下間違い有るかも知れぬが、Cottages & Saunas(ヒッタヴァイネンの機材にトラブル有ったようだった)、酔いどれ頭 Päät Pois Tai Hirteen、樽麦 Tuoppi Oltta、酒でも飲むか!! Juodaan Viinaa(ギターのケーンも唄) 、コルピの神様Ukon Wakca(これもケーン唄う)、コルピのヒップ Lonkkaluut(ケーンがギャー!!)、ジャーニー・マン、Wooden pints、あと3種の酒の曲(ウォッカ、テキーラ、ビールのビアビア)は全部演っていた、ヒッタヴァイネンのヴァイオリンとユーホのアコーディオンとマットソンのドラムのインスト曲、ヨンネのヨイクと客のヨイク、ブラック・サバスのパラノイドの出だしで即止め(でも客しっかり数小節歌いヨンネ笑顔で「クレイジー」だったかな?)
最新7枚目のアルバム収録曲を多く演奏する一方、3、4、5枚目の曲は演奏しなかった(多分)のに対し、2枚目の曲は複数演奏していたのが印象的
アンコールでモーターヘッドのアイアン・フィスト、ムーンソロウのハゲの人が出てきてギターを弾いていたのはどの曲だったか忘却、ジャムってもいた筈、「何が聞きたい?」と訊いて客「アヤーヤヤーヤ!!」のハンティング・ソングを崩して演ったのかSHAMANの曲を演ったのか私は未だSHAMANと1枚目も聞いてないから判らない
曲中でのヒッタヴァイネンの拳の突き出し方が前回よりも力強く成っていたように見えた


関連
ヨイク動画集:間宮芳生とコルピクラーニの共通点はフィンランド(を含む北欧に住むサーミ人)の伝統的唱法であるヨイクを取り入れている点である事: 忘却亭日乗
http://boukyakutei.seesaa.net/article/199885503.html
posted by s at 01:57 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

増田常徳の絵をギャラリーCNとアトリエキリギリスで見た事

増田常徳の展覧会を藤沢市のギャラリーCNとアトリエ・キリギリスでやっている事: 忘却亭日乗
http://boukyakutei.seesaa.net/article/202155898.html
の続き

2011年5月26日(木)
小田急藤沢駅下車

ギャラリーCN
http://gallery-cn.sakura.ne.jp/
die Mode展
ギャラリーCNが元ブティックである事に因む

黒のモード 手のある学ラン 切り取られた四角
祭りの日 黒人女 円い耳飾り
後姿の裸婦
道化
白いバラ
朝鮮アザミ2点
ミシン2点 衣を纏ったミシン 果物のあるミシン(舞踏だったか)
椅子
2連カンバス2点 CNのブログに拠ると左半分は1983年に描かれた 仮面のモード  
赤錆(?)壁の帽子の女
黒下着の女

アトリエキリギリス
http://atelier-kirigiris.com/
die Krankenhaus展
アトリエキリギリスが元診療所である事に因む

空虚の集合体 ガラス壜 ヴォイド V

祈り 重ねる手 斜めの黒い四角
祈る
菩薩

レントゲン室(?)
レントゲン
赤い裸婦
うつろいゆく闇(だったかな?) 暗い横臥する裸婦
次世代の行方 暗い裸妊婦 ベッド正面

待つ 薄い女 5 患者の家族か 看護婦か
マスク NO10だったと記憶

2階
イエローモード 背広
証明の像3点 黒い背景の横像と白い背景の正面像 ガスマスク マグショット的、アウシュビッツ等強制収容所的なものが想起させられる
道化 証明の像の真ん中とこの眼口の暗く虚な泣くように微笑む道化やこの道化、誰かに似ていると思ったが、舞踏家の大野慶人に似ている

アトリエキリギリス、廃医院をそのまま使い、朽ちた様好ましい

太虚堂書店藤沢駅北口支店に寄り
posted by s at 00:36 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする