2011年10月31日

魔女の集会と云えば…「ゴヤ展」が始まっていた

Witches.jpg
画像元Witches' Sabbath (Goya, 1823) - Wikipedia, the free encyclopedia

『魔法少女まどか☆マギカ』を見て思い出されたものの一つがゴヤの事です
(ワルプルギスの夜→魔女の集会→この絵、その他の魔女の集会や魔的なものを描いた絵、という事で)
ゴヤと云えば、上野の西洋美術館での展示が始まっていました
(この絵は来ていません)


出品リストが公式サイトに見当たりませんが
こちらのブログの方が油彩作品のリストを纏めてくださっています

ゴヤ展@国立西洋美術館の油彩作品一覧をアップしてみた:東京・池袋で三線弾いてハッピーライフ!今日も朝から池袋は平和なんだな
http://quipara.ti-da.net/e3768464.html


国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html
プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影
会期:2011年10月22日(土)〜2012年1月29日(日)開館時間:午前9時30分〜午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(*ただし、1月2日、9日は開館)、12月28日(水)−1月1日(日)、1月10日(火)


Museo Nacional del Prado: Exposición
http://www.museodelprado.es/exposiciones/info/fuera-del-museo/goya-luces-y-sombras-obras-maestras-del-museo-del-prado/exposicion/
posted by s at 23:20 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ghost Train Orchestra

Brian Carpenter's Ghost Train Orchestra
http://ghosttrainorchestra.com/
http://www.facebook.com/pages/Brian-Carpenters-Ghost-Train-Orchestra/20456574273

Beat CircusのBrian Carpenterが率いるブラスバンド
Brian CarpenterはSwansの新作(...rope...)にもトランペットで参加している

Ghost Train Orchestra @ Johnny Brenda's - YouTube

アルバムHothouse Stompでは1920年代のシカゴとハーレムの音楽を再現している
posted by s at 01:06 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

欠けた日の丸ポスターへの抗議で学部祭中止:まるいものニュース20111030

欠けた部分を穢れと見るか完成型の予型と見るかの違い

kokushikan.jpg
国士舘で学部祭中止に 欠けた日の丸のポスターとシンポジウムへの批判受け+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111030/edc11103001200000-n1.htm
2011.10.30 01:20

 国士舘大学(東京都)の21世紀アジア学部が企画した学部祭「Asia21」の告知ポスターとチラシに、国旗の一部が欠けた図柄が使われていたことが学内で問題となり、29日に予定していた学部祭が取りやめになったことが分かった。

 問題の図柄は、大学の発注で外部のデザイナーが制作。日中韓の各国旗を使い3カ国の関係をジグソーパズルで表現しているが、日章旗の一部のピースが外れて飛び出し「日の丸」が欠けていた。

 学部祭は「東アジアの連携を求めて」をテーマに、同学部の教員らが企画。ポスターとチラシは計約2千枚が印刷され、10月上旬から学内や小田急線の電車内、沿線の駅などに張り出された。

 学内でチラシを見た同大学の男子学生(20)が「国旗の冒涜(ぼうとく)に当たるのではないか」と、質問状を提出した。学生は、学部祭のメーンイベントであるシンポジウムが、中韓の有識者のみを招いた対談となっており、日本人有識者の出席予定がないことも指摘。「日本の立場を説明できる識者が登壇しないのでは議論にバランスが取れないのではないか」と訴えた。

 大学によると、他にも複数の意見が寄せられたという。開催を主張する意見もあったが、20日になって、茶道などシンポジウム以外のイベントも含めて学部祭の中止を決めた。

 学部祭実行委員長の原田信男教授は「さまざまな意見が寄せられており、混乱を避けたいという判断から、残念だが中止を決めた。国旗を侮辱する意図はなく、あと1ピース頑張れば3国が連携できるという意味だった。シンポジウムの前には、日本人研究者の講演も予定していた」と説明している。

 中止の決定に、問題を指摘した学生は「チラシの撤去は当然だと思う」としたうえで、「シンポジウムで、問題点を議論する方法もあった。全ての催しをやめる必要があったのか」とも話している。

 同学部は平成14年に設置され、中韓両国を中心にした留学生400人を含めた約2000人が在籍している。

 日本では、外国国旗への侮辱を罰する「外国国章損壊罪」(2年以下の懲役か、20万円以下の罰金)があるが、自国国旗への侮辱を取り締まる法律がない。

 日本大の百地章教授(憲法学)は「国民の国旗に対する意識の表れが法制度にも出ている。今回は国旗そのものを傷つけたわけではないが、自国、他国を問わず尊重するのが国際常識で、不適切に扱う風潮を防ぐため、国旗損壊に対する刑法を整えるべきだ」と指摘している。

学生:国旗が欠けているのは冒涜
実行委員長:最後の1ピースを嵌める事によって完成する直前の状態を表している
posted by s at 16:29 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リボンについて:『魔法少女まどか☆マギカ』と『白いリボン』のメモ

テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』と映画『白いリボン』に出てくるリボンのメモを置いておきます

『まどか☆マギカ』のセリフは
魔法少女まどか☆マギカ WIKI - ネタバレ考察/台詞集
http://www22.atwiki.jp/madoka-magica/pages/83.html
にあるものをコピペさせていただきました

リボンは伸ばすと直線になるが、曲げたり、巻いたり、結んだりして使われる
リボンにはさまざまな色がある

・まるいものとしてのリボン
『魔法少女まどか☆マギカ』(以下『まどマギ』と略す)の世界では、円、まるいもの、曲線的なものが女性の力、魔法少女の力、魔女の力として描かれている
巴マミが武器としてリボンを使う リボンを巨大な銃に変えて放つ必殺技「ティロ・フィナーレ」等
参照
『まどか☆マギカ』のまるいものメモ: 新乞食袋
http://boukyakutei.seesaa.net/article/231254773.html


・意志を伝えるもの、結ぶもの、絆としてのリボン
親から子へのリボン
『まどマギ』
第1話冒頭でまどかが赤(ピンクに近い)いリボンと黄色いリボン、どちらをつけるべきか母親の詢子に問う場面がある
まどか「リボン、どっちかな?」
詢子、赤いリボンを指差す
まどか「え〜。派手過ぎない?」
詢子「それぐらいでいいのさ。女は外見でナメられたら終わりだよ」
詢子「ん、いいじゃん」
詢子「これならまどかの隠れファンもメロメロだ」
まどか「いないよ、そんなの」
詢子「いると思っておくんだよ。それが、美人のヒ・ケ・ツ」
『白いリボン』
冒頭、外から遅く帰り、(嘘の)言い訳をした長女と長男に父親の牧師が云う
お前達が幼い頃、純真無垢であることを忘れないようにと、お前達の髪や腕に白いリボンを巻いたものだ。
しっかり行儀が身についたから、もう必要ないと思っていた。私が間違っていた。
明日、罰を受けて罪が清められたら、母さんに白いリボンを巻いてもらえ。
お前達が正直になるまで、取ってはならない。
母親が裁縫箱から取り出した巻き布を伸ばし、鋏で切り分け、子供のためのリボンを作る

友へのリボン
『まどマギ』
最終話、世界の概念となったまどかの事を、忘れてしまう、もう二度と感じ取る事さえ出来なくなってしまうと嘆くほむらに対し、まどかが
まどか「ううん。諦めるのはまだ早いよ。ほむらちゃんはこんな場所まで付いて来てくれたんだもん」
まどか「だから、元の世界に戻っても、もしかしたら私のこと、忘れずにいてくれるかも」
まどか「大丈夫、きっと大丈夫。信じようよ」
まどか「だって魔法少女はさ、夢と希望を叶えるんだから」
まどか「きっとほんの少しなら、本当の奇跡があるかもしれない。そうでしょ?」
と自分の赤いリボンを解いてほむらに渡す
その後、まどかによって書き換えられた世界では、ほむらの手にまどかのリボンが握られており、ほむらだけがまどかの事を記憶している
まどかの母だった詢子がほむらの髪に結われた赤いリボンを見て云う
詢子「お?そのリボン、すごくかわいいね。アタシの好みにド直球だわぁ。ちょっとビックリしたくらい」
ほむら「差し上げましょうか?」
詢子「あははは、こんなおばさんには似合わないって。まあ娘とかいたら?付けさせたかもしれないね」
最終話と1話、書き換えられた世界と書き換えられる前の世界が親子のリボンによって結ばれる
ほむらはまどかのリボンを自分の髪に結って戦い続ける
参考
魔法少女まどか☆マギカ最終話の演出の解説 リボンが象徴する事 - karimikarimi
http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20110422/1303447202

神から人へのリボン
『まどマギ』のまどか(世界原理)からほむらへのリボン、『白いリボン』の親(絶対者)から子へのリボン、ともに神から人へのリボンと見る事も出来る


・標識としてのリボン
『まどマギ』
第1話で、まどかの赤いリボンを見たさやかは「お?可愛いリボン」と反応し、「モテモテな美少女に変身」するため母親から教わった「モテる秘訣」と解釈する
赤(ピンク)いリボン=女性らしさ、恋する乙女の標識
その後さやかは自らの恋が叶わぬ絶望から魔女と成る
魔女と化したさやかの首にはピンクのリボンが巻かれている
『白いリボン』
神学の授業を前に騒いでいた生徒たちに牧師が云う
私は去年、娘の髪に白いリボンを結びつけた。
白とはもちろん純潔を表す色だ。リボンはクララの助けになる。
罪、我がまま、妬み、無礼、嘘、怠惰を避けるために。
今年になって、娘は十分成長した、リボンはいらないと―うっかり信じてしまった。
聖職者の娘として、責任ある人間になったと…
白いリボン=聖別された者、浄められた者、純潔、無垢な者の標識であるとともに、罰せられた者の標識badge of shameにもなっている
巻かれた鞭としてリボンが機能している
参照
『The White Ribbon/白いリボン』ミヒャエル・ハネケ監督 その2 ぷらねた 〜未公開映画を観るブログ〜/ウェブリブログ
http://planeta-cinema.at.webry.info/201004/article_2.html
腕章のようにも見える→ナチズム、ファシズムを示唆

・拘束具としてのリボン
『まどマギ』
第3話と10話でマミがほむらを拘束するのに使う
第10話でほむらが誰にも頼らずに未来を変え、まどかを救う決心をすると共にリボンを外し三つ編みを解く→三つ編みが表す乙女のか弱さ、縛りを解くことによる内なる力の解放、強い決意を表す
『白いリボン』
牧師の息子はオナニー防止のため、就寝時、白い布でベッドに手を縛られる
貞操帯のようなリボン 倫理的縛り付け
父の(宗教的)価値観による拘束


・落ちるリボン
『まどマギ』
最終話はフィルムが終端まで達した映写機の音と、赤いリボンが落ちる映像の演出で終わる
(第1話はレース付きの幕(ワルプルギスの夜のスカート?)が上がる演出で始まった)


魔法少女まどか☆マギカ
http://www.madoka-magica.com/
映画「白いリボン」公式サイト
http://www.shiroi-ribon.com/
posted by s at 15:09 | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

『白いリボン』の細長いものメモその他

ミヒャエル・ハネケ監督の映画『白いリボン』を見たので、ここにメモを置いておきます


この映画に出てくる細長いものは、父なる神の意志や裁き、罰に関わるものが多いです


・針金
医者の乗った馬を躓かせるもの
見えない罠 見えざる手 発端 裁き 罰

・欄干
牧師の息子が木橋の細い欄干の上を歩き、神の意志を問う
結果、赦される
神様に僕を殺す機会をと、でも神様は僕を受け入れてくれた

・鞭 
牧師の父から娘・息子への罰として与えられる 
『箴言』聖書協会口語訳より
13章24節
むちを加えない者はその子を憎むのである、子を愛する者は、つとめてこれを懲らしめる。
20章30節
傷つくまでに打てば悪い所は清くなり、むちで打てば心の底までも清まる。
23章13-14節
子を懲らすことを、さし控えてはならない、むちで彼を打っても死ぬことはない。
もし、むちで彼を打つならば、その命を陰府から救うことができる。

・白いリボン
についてはここに書いた

・杖
男爵の息子の尻を叩く道具 罰
『箴言』26章3節 聖書協会口語訳
馬のためにはむちがあり、ろばのためにはくつわがあり、愚かな者の背のためにはつえがある。

・ロープ
男爵の息子や助産婦の息子(知的障碍者)を縛った道具 罰
貧農の父親の首吊り自殺の道具

・針
医者が自分の娘に穴を開けるためのもの(娘から弟への言い訳の中に存在)

・手綱
教師が馬車を操縦するためのもの(デートするためのもの)

・笛
男爵の息子に対する、家令の息子の嫉妬を呼び覚ます音

・包帯
医者が傷つけられた助産婦の息子の目を包帯で覆う、目の見えていない助産婦の息子が医者の手を掴む
裁き(正義)の女神Lady Justiceや運命の女神Lady Fortuneは目を布で覆った女性として描かれる
ladyjustice.jpg
画像元
Conservation Solution ≫ Lady Justice, El Paso County Courthouse
http://www.conservationsolution.com/projects/monuments-sculpture/lady-justice-sculpture/
また、目隠しをされた予言者キリストも想起させられる(彼は多分殺された)
フラ・アンジェリコ(ベアト・アンジェリコ)-キリストの嘲笑-(画像・壁紙)
http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/angelico_deriso.html


***
その他

助産婦の息子が発見された際のカードは
『出エジプト記』20章5節や『申命記』5章9節、モーセが十戒を授けられる場面の言葉
あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし…
(聖書協会口語訳)に由来
新共同訳では「妬む神/嫉妬深い神」が「熱情の神」と訳されている
Good News Collection: 妬みの神 or 熱情の神
http://blogs.dion.ne.jp/mrgoodnews/archives/2515660.html


ネット上で『白いリボン』について書かれた文章を幾つか読みましたが、私が最も感心させられたのはこれです
† VANILLA NARCISSIST †: 『白いリボン』と、死を与える純粋な「無垢」
http://borges.blog118.fc2.com/blog-entry-1123.html


劇中で歌われていたマルティン・ルターの曲『神は我がやぐら』
Ein feste Burg ist unser Gott
A mighty fortress is our God
posted by s at 02:06 | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

恥辱刑を集めよう

humiliation1.jpghumiliation2.jpg
Medieval Crime and Punishment Museum in Rothenburgのパンフレットか何かの画像
引用元(音が鳴るかも)
Penalties of Shame and Honor II - Devices of Torture
http://mr_sedivy.tripod.com/shame2.html

映画『白いリボン』を見てミヒャエル・ハネケ監督のインタビューを読むと、
「白いリボン」が規律から外れた子を晒し者として罰する、一種の恥辱刑の為の刑具である事について触れられていますので、
ここに恥辱刑public humiliationや汚名の証badge of shameに関するリンクを置いておこうと思います
(気が向いたら書き足します)

Public humiliation - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Public_humiliation
Badge of shame - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Badge_of_shame
Medieval Torture
http://www.medievalwarfare.info/torture.htm

タール羽の刑
Tarring and feathering - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Tarring_and_feathering

晒し台、ピロリィ(頭と手枷)とストックス(足枷)
Pillory - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Pillory
Stocks - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Stocks
Stocks and Pillories
http://webspace.webring.com/people/lp/pillory/index.html
首かせ
http://www.ff.iij4u.or.jp/~yeelen/system/howto/pillory.htm

首ヴァイオリン じゃじゃ馬フィドル
Shrew's fiddle - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Shrew%27s_fiddle

barrelpillory.jpg
樽ピロリィ 酔っ払い用 Spanish Mantle 、Drunkard's Cloak
Stocks and Pillories /Barrel pillory
http://webspace.webring.com/people/lp/pillory/barrel.html

音楽家への刑
The Flute of Shame - punishment for bad musicianship
http://markweinguitarlessons.com/forums/showthread.php?6826-The-Flute-of-Shame-punishment-for-bad-musicianship

仮面
Scold's bridle - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Scold's_bridle

ローテンブルクの博物館の様子 仮面、骰子のネックレスの画像がある
はじめてのドイツ・オーストリアの旅 Bローテンブルグ編 (ローテンブルク) - 旅行のクチコミサイト フォートラベル
http://4travel.jp/overseas/area/europe/germany/rothenburg/travelogue/10588557/

ユダヤ人の黄色い輪、黄色い星
The badge, hat and clothing laws for Jews in the Middle Ages
http://www.geschichteinchronologie.ch/MA/judentum-EncJud_judenfleck-u-judenhut-im-MA-ENGL.html
Yellow badge - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Yellow_badge
参考:レオン・ポリアコフ『反ユダヤ主義の歴史〈第1巻〉キリストから宮廷ユダヤ人まで』筑摩書房

とんがり帽子
Dunce cap - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Dunce_cap

カタリ派の黄色十字
Cathar yellow cross - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Cathar_yellow_cross


石井良助『江戸の刑罰』に江戸の刺青刑の事が書いてあった筈
池上俊一の本にも何か書いてある筈
posted by s at 18:28 | TrackBack(0) | 民俗、神話、宗教、歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

メネ・メネ・テケル他『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』メモ

フィリップ・K・ディック『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』浅倉久志訳 ハヤカワ文庫
Philip K. Dick The Three Stigmata of Palmer Eldritch, Doubleday, 1965

通貨として使われるショウロの皮(スキン) 松露 truffle skins トリュフ
ショウロは担子菌門真正担子菌綱イグチ目ショウロ科ショウロ属
セイヨウショウロは子嚢菌門チャワンタケ綱カイキン目セイヨウショウロ科セイヨウショウロ属
ここではセイヨウショウロ=トリュフの方だと思う

幻覚剤となる地衣類 lichen
地衣類 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E8%A1%A3%E9%A1%9E

p.36 プー横宙の家 Winnie-the-Pooh Acres
Winnie-the-Poohは、くまのプーさん

p.59 フダンソウ 不断草 Swiss chard
Chard - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Chard

p.179 バーニイ・メイヤスンの心情「たぶん、目的地の通告は"数えられ、数えられ、量られ"という文句で始まるのだろう」
「数えられ〜量られ」にメネ・メネ・テケルとルビ、(人の指が突然現れてベルシャザルの王宮の壁に書きつけたという言葉)と註
ダニエル書 第5章
バビロン王ベルシャツァルが王宮で千人の貴族らと宴会を開いていた。
その際、父王ネブカドネツァルによるエルサレムからの略奪品である金銀の祭具を用いて酒を飲み、金銀青銅、鉄、木や石で作られた神の偶像を讃えていた。
その時、人の手の指が現れ王宮の白い壁に文字を書いた。
誰も文字を解釈する事が出来ないので王はユダ族の捕囚出身の賢者ダニエルを呼び、解釈させた。
ダニエルは云った。
壁の文字は「メネ、メネ、テケル、そしてパルシン」である。
メネは数える、テケルは量を計る、パルシンは分ける。
つまり神は王の治世を数えて終らせ、秤にかけ不足と見なし、王国をメディアとペルシアとに分かつという意味である、と。
この解釈を聞いた夜、ベルシャツァルは殺された。

מנא ,מנא, תקל, ופרסין
Mene, Mene, Tekel u-Pharsin

The writing on the wall
http://en.wikipedia.org/wiki/The_writing_on_the_wall

pp.223-224 アン・ホーソーンが言及するパウロの言葉
「パウロは、死がわたしたちの敵だといっているわ。最後の敵として滅ぼされるのが死だ、と。」
コリントの信徒への手紙一
http://www.yoyoue.jpn.org/bible/1co.htm
から引用(新共同訳)
15章21-28節
15:21死が一人の人によって来たのだから、死者の復活も一人の人によって来るのです。 15:22つまり、アダムによってすべての人が死ぬことになったように、キリストによってすべての人が生かされることになるのです。 15:23ただ、一人一人にそれぞれ順序があります。最初にキリスト、次いで、キリストが来られるときに、キリストに属している人たち、 15:24次いで、世の終わりが来ます。そのとき、キリストはすべての支配、すべての権威や勢力を滅ぼし、父である神に国を引き渡されます。 15:25キリストはすべての敵を御自分の足の下に置くまで、国を支配されることになっているからです。 15:26最後の敵として、死が滅ぼされます。 15:27「神は、すべてをその足の下に服従させた」からです。すべてが服従させられたと言われるとき、すべてをキリストに服従させた方自身が、それに含まれていないことは、明らかです。 15:28すべてが御子に服従するとき、御子自身も、すべてを御自分に服従させてくださった方に服従されます。神がすべてにおいてすべてとなられるためです。

「もしチューZがそうだったら、つまり、パウロのいう"朽ちるものが朽ちないものを着る"のに似たものだったら―わたしはとても自分を抑え切れないと思うわ、バーニイ。きっとチューZを使わずにはいられなくなる。」
同50-57節
15:50兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません。 15:51わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。 15:52最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。 15:53この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。 15:54この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。 15:55死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」 15:56死のとげは罪であり、罪の力は律法です。 15:57わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

p.234 メトラゾール metrazol
向精神薬以前の薬物治療・ショック療法の歴史
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/candy/okusuri7.html

精神疾患へのアプローチ再考
http://www.choicetheory.net/kcc/alternativeapproach.html

Deco Dog's Ephemera - amphetamines, stimulants, methamphetamines
http://www.decodog.com/inven/amphetamine3.html

p.251 とろってる blammed

p.252 ずぶろってる fnugled

p.258 バーニイ・メイヤスンの心情「伝道の書でいう、水の上に投げたパン、そいつが流れもどってきておれの息をふさいだ。水にふやけたパンがのどにつかえ、おれは呑みこむことも、吐きだすこともできずにいる。」
伝道者の書=コヘレトの言葉
第11章1-2節
あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。
月日がたってから、それを見いだすだろう。
七人と、八人とすら、分かち合っておけ
国にどのような災いが起こるか
分かったものではない。
posted by s at 20:59 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする