2012年03月30日

ベーコン棺桶は実在する

「すべてをベーコン味にしよう」という御題目を掲げて、ベーコン味のソースや塩、ドレッシング、クルトン、ポップ・コーン、封筒ベーコン臭のリップ・クリームといったベーコン愛に満ち満ちた商品を販売し、ベーコンの広宣流布に励んでいるアメリカの食品会社、J&D社が今度はベーコンの棺桶を売り出しました。
内部をベーコン臭で満たせる芳香剤も付いていて御値段は2999ドル99セントだそうです。
baconcoffin.jpg
Bacon Coffin
http://store.baconsalt.com/Bacon-Coffin_p_118.html

「一足早いエイプリル・フールのジョークでは?」との指摘に対し、J&D社はそれを否定しているそうです。

Bacon Coffin - YouTube



ニュース源
Bacon Coffin Creators Insist It's Not A Hoax, Despite Skeptics (VIDEO)
http://www.huffingtonpost.com/2012/03/29/bacon-coffin-hoax-j-d-foods-seattle_n_1389067.html
All You Can Eat | The final use for bacon: coffins | Seattle Times Newspaper
http://seattletimes.nwsource.com/html/allyoucaneat/2017865534_the_final_use_for_bacon_coffin.html

baconsalt
https://twitter.com/#!/baconsalt

(J&Dはジャスティン・アンド・デイヴ)
posted by s at 23:00 | TrackBack(0) | 食物、飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

おまんこのような花:松井冬子、ホルスト・ヤンセン、『ピンク・フロイド ザ・ウォール』(横浜美術館で「松井冬子展」を見た事)

松井冬子さんの絵の好きな所はおまんこのような花を描いている所です。
花びらのビラビラはおまんこのびらびらだと思います。
松井さんの絵に出てくる蛇や女体の皮膚が裂けてビラビラしている所も鳥の羽のけばけばもおまんこだと思います。
松井冬子/まついふゆこ/Fuyuko MATSUI
http://matsuifuyuko.com/

おまんこのような花で思い出されるのはホルスト・ヤンセンの花の絵です。
janssenflower02.jpgjanssenflower01.jpg
画像元:
Each Little World: My favorite bouquet
http://eachlittleworld.typepad.com/each_little_world/2009/02/horst.html
COULEURS
http://yama-bato.tumblr.com/post/4609231397/horst-janssen

おまんこのような花が出てくる映画と云えばアラン・パーカー監督の『ピンク・フロイド ザ・ウォール』のジェラルド・スカーフの絵のアニメです。
Pink Floyd The Wall Flower Scene What Shall We Do Now - YouTube


あと今日常設で見たオットー・ディックスの『仔牛の頭部のある静物』の百合の花もそのようなものでした。


2012年3月18日(土)横浜美術館「松井冬子展―世界中の子と友達になれる―」
2006年の「日本×画展 しょく発する6人」(横浜美術館)でも見た『世界中の子と友達になれる』等、成山画廊でも見た『ナルキッソス』『終極にある異体の散在』やいくつかの腑分図等、2009-2010年の「医学と芸術展」(森美術館)でも見た『無傷の標本』、あとは初めて見る絵を見ました。
『無傷の標本』と『無傷の肖像』に描かれた三口の女を見て、19世紀以前の兎唇/口蓋裂やその処置を描いた絵は在るのだろうかと気にしました。
各務原市の内藤記念くすりの博物館にまた行ってみたいと思われました。
posted by s at 23:54 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

集団裸サイクリングで交通事情に抗議の動画ニュース(ペルー、リマ)

2012年3月10日の出来事

Naked bike riders protest in Lima, Peru - YouTube


自動車運転者への注意喚起や政府への交通事情改善要求の意を込めて7年連続で行われているそうです。

ニュース源(裸の主張/抗議特集のスライドショー付き)
Nude Bicyclists Protest In Lima, Peru
http://www.huffingtonpost.com/2012/03/12/naked-bicyclists-peru_n_1338869.html
posted by s at 02:57 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

2012年ロシア大統領選挙でもやっぱりFEMENが登場しておっぱい丸出しで投票箱を奪おうとする動画

昨日のロシア大統領選挙の投票所(モスクワ)でも、やっぱりウクライナの裸女性団体FEMENが登場し、おっぱいを見せて下さりました。
"Femen" "крадуць за Пуціна" - YouTube

"Путин - вор!" 「プーチンは泥棒!」と叫んでいる様子です。

FEMEN公式ブログ
femen: Голос за голос, зуб за зуб!
http://femen.livejournal.com/197954.html

FEMEN公式リンク集
femen.org
http://femen.org/

ニュース源
女性権利団体FEMEN プーチン氏の投票所でトップレスキャンペーン: The Voice of Russia
http://japanese.ruvr.ru/2012_03_04/67520547/
ぺスコフ首相報道官はこの事件について、次のようにコメントした−

「女性たちは若く、何も分かっていない。彼らはこれがロマン主義の精神だと考えている。あほう者はあほう者に過ぎないが、まじめに述べるならば、これはまず社会秩序の違反だ。2つ目に彼らは社会秩序を維持している職員に抵抗したと非難することができる。彼らはそのために拘束された。」
Naked Protesters Draw Attention at Moscow Polling Station - Emerging Europe Real Time - WSJ
http://blogs.wsj.com/emergingeurope/2012/03/04/naked-protesters-draw-attention-at-moscow-polling-station/
露大統領選、プーチン氏投票直後にトップレス抗議 写真10枚 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/politics/2862947/8599224
posted by s at 17:53 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダブリンの教会から聖人の心臓が盗まれたニュースの画像とか

ダブリンのクライスト・チャーチ大聖堂Christ Church Cathedralから聖ローレンス・オトゥールSt. Laurence O'Tooleの心臓とされる聖遺物が盗まれたニュース
Relic of St Laurence O'Toole stolen - RTÉ News
http://www.rte.ie/news/2012/0303/laurenceotoole.html
CNN.co.jp:九百年前の聖人の心臓消失、侵入者の痕跡なし アイルランド
http://www.cnn.co.jp/fringe/30005808.html

盗まれる前はこういう状態で、金属の器に入れて鎖で吊るし、檻状の籠の中に安置されていたらしい画像
Christ Church Cathedral, Dublin, Ireland. Rumoured to contain St. Laurence O'Toole's heart. | Flickr - Photo Sharing!
http://www.flickr.com/photos/fleegle/160069454/
otoole02.jpg
画像元
DUBLIN SAINT’S HEART STOLEN | Weekly World News
http://weeklyworldnews.com/headlines/44825/dublin-saints-heart-stolen/

St Laurence O'TooleことLorcán Ua Tuathailは12世紀に生きた聖人
Lorcán Ua Tuathail - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Lorc%C3%A1n_Ua_Tuathail

ニュース源いくつか
Saint's Ancient Heart Stolen From Dublin Cathedral | Fox News
http://www.foxnews.com/world/2012/03/04/saints-ancient-heart-stolen-from-dublin-cathedral/
Art Hostage: Stolen Art Watch, Dublin Saint O'Toole's Heart Ripped Out As Greek Police Hunt Museum Hauls
http://arthostage.blogspot.com/2012/03/stolen-art-watch-dublin-saint-otooles.html
posted by s at 12:29 | TrackBack(0) | 民俗、神話、宗教、歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

六本木605版画倶楽部で「" i i i i "展」を、国立新美術館で「平成23年度第35回東京五美術大学卒業・修了制作展」(五美大展)を見た事

2012年3月3日
六本木の国立新美術館で
多摩美術大学、女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学
の卒展を見ました。

町田でも見た藤木佑里恵さんの版画『導べ』(副題が-Seven Stars-から-Polaris-になっていた)が、ここでも特によく、町田では1枚だったのが3枚の連作になっていて、くじら座やこと座やはくちょう座の、微細な植物が寄り合って成している動物の姿や器物が絡みあう宇宙の図を見ていると、マクロコスモスとミクロコスモスを、天上と地上を同時に見ているような、巨と微の両視点、全的な感覚が経験されます。


以下は適当に敬称とか略で面白かったものメモ

田村佳丈『倶利伽羅落し』
明治大正の洋画のような重厚感 武者、牛馬の恐慌騒乱の表情、左上から右下に落ちる構図の面白さ

男鹿哲平『電気コードによる造形表現-群像-』
黒塗木地に白電気コードの笑う十羅漢

中島多佳子『夢うつつ』
黒灰密集植物ゴム版巨大対

本田菜津美『memory lost #1 #2』
時計の部品で作られた仮面、かぶと虫

平松朋子『Lolita』
太ったロリータの肖像

戸田沙也加『美しさのあるところ』
狼の柱、赤リボン、手つなぎ少女の大群、巨大狼

青木れい『夜会』
猫の集会だ

斎藤菜菜恵『乞い力』
寄ってきた鹿のアップ

青山由貴枝『Ohana』『声』『日常風景』
ずんぐり黒い人 怖くていい ヤプーのような

太田みなみ『花くらげ』
動物的植物 細密

呉本舞子『a lone』
町田でも見たあのぐにゃぐにゃ肉塊と同系統の作品 象の目

岩田廉『ごくつぶしの世界 ソドムとヘドラ』『さまよう電気イカ漁』
『ごくつぶし〜』の方は町田でも見た 『さまよう〜』イカワニレンコン豆穴開き袋サバスのモブ・ルールズ的な 

辻蔵人『700キロをつっ走れ!』(部分)
機械部品寄せ集めた巨大トリケラトプスの頭部

小山裕紀子『群生して在る』
まるいきのこの群れ

草川勇人『溶』『驚異の部屋2』
動物的植物 ヴンダーな寄せ組み物 骨

長谷川維雄『2011年府中の旅』
ポートフォリオの写真『ロボットドラマー オマル・ハキム氏』バカバカしくていい

大場千尋『四季とネコ』(春、夏)
黒い金魚でできたまるいものと猫



その前に
六本木605版画倶楽部
http://roppongi605hanga.com/
でiiii

入野陽子
皺 木下晋の鉛筆画のような

西平幸太
淡く柔らかい動物等

藤木佑里恵『grow』1と2とlizard『one butterfly』
植物 とかげ 蝶 版画より柔らかさのある鉛筆画

水本伸樹
かわいらしい子の絵
posted by s at 11:43 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

創価学会、朝鮮人、左翼による集団ストーカーの被害を受けていると主張している福井の女性の動画がすごい、ピンチョンの『競売ナンバー49の叫び』みたい

だって自分の目でWASTEシステムの存在を確認したのだ。WASTEの郵便配達人を二人、WASTEの郵便ポストを一つ見た。WASTEの切手も、WASTEの消印も見た。ミュート付きのラッパのマークは、湾岸一帯、ほとんど充ちあふれていた。でありながら、それがみんな幻想であってほしいと――心の傷、魂の必要、暗がりに住む別人格、そういう話を持ち出してきれいに説明してほしいと――願っている。あなたはちょっとビョーキだから、休息が必要だよ、トリステロなんてものがあるはずないだろうと、ヒラリウス先生に言ってほしい。それが実在する可能性に、これほど怯えるのはなぜなのか、その理由も聞きたい。
トマス・ピンチョン著、佐藤良明訳『競売ナンバー49の叫び』新潮社、165ページより。


【芸能】「警察官から引っ越すなと言われた。警視総監と話をしている」オセロ・中島知子が家賃滞納で支離滅裂な弁解★2
http://logsoku.com/thread/awabi.2ch.net/mnewsplus/1329225257/
に貼られていたので知りました。

sayuri19376 さんのチャンネル - YouTube
http://www.youtube.com/user/sayuri19376/videos
の動画がすごいです。

おそらく福井県在住の女性、sayuri19376さんが自分で撮影し、自分でupしていると思われる、福井駅前で、図書館で、県庁で、路上で、事務員やヤンキーや警察官らを相手に繰り広げられる、彼女の闘いの記録です。

特にこの動画がすごいです。
GEDC0121.AVI - YouTube

ヤマト運輸が、創価学会の息がかかった企業であると声高に主張しながら撮影するsayuri19376さん。
これだけなら、ただの言いがかりかな?とも思われるのですが、ヤマト運輸の配達員が「創価学会の悪口云うのやめてください」と反論してきます。
全国にネットワークを張る物流組織が、陰謀工作組織(彼女の主張に拠れば、創価学会は集団ストーカー団体)としても活動している…?!
これは真実なのか、ヤラセなのか、はたまた彼女の妄想なのでしょうか?
まるで、ピンチョンの小説『競売ナンバー49の叫び』で語られる、WASTEの5文字と消音器付きラッパのマークをシンボルとする、実在するのかしないのかも定かでない、秘密郵便組織「トリステロ」のようであり、また、「トリステロ」の徴候を探求していくうち、パラノイア的状況に嵌っていく女主人公のエディパのようです。


また、こちらの、sayuri19376さんが自動車専用道路を歩いて移動する動画は、『競売ナンバー49の叫び』終盤で、頼れるものが誰一人いなくなってしまった主人公のエディパが、ハイウェイの脇に延びている鉄道線路(情報通信/コミュニケーション・ネットワークの象徴、権力によって敷かれ張り巡らされた線と網、ライン、ウェブの象徴)沿いを、陰謀や、通信や、阻害や、可能性について思いを馳せ、考えを巡らせながら、歩いていく場面が思い出されます。
GEDC0931   人攫い?親切? - YouTube



こちらは、何となくピンチョン的な、不思議な光に包まれた動画。
GEDC0079 - YouTube

異常なお天気雨です


GEDC0861 - YouTube

ツイッターでつぶやかないと、色んな事…
sayuri yamashita (syauri135)
https://twitter.com/#!/syauri135


「わたしが来たのは」エディパは言った。「先生に幻想を追い払ってもらえるかと思ったからです」
「それはいかん!」ヒラリウスが叫んだ。「幻想以外に何があると言うんだ。幻想の触手はしっかり握って、フロイト派の医者が何を言っても放しちゃいかんぞ。薬屋のくれる毒で追い払うのも論外。どんな幻想であれ、執着しなさい。それを失えば、そのぶん君は他者の方へずれて行く。君の存在が薄れていってしまうのだよ」
『競売ナンバー49の叫び』173ページより。
posted by s at 03:33 | TrackBack(0) | 他人の偶然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする