2011年11月26日

夕方の河原猫

yo, gatos ribereños

111125a.jpg111125b.jpg111125c.jpg111125d.jpg
riverside viaduct, Tokyo Edogawa
タグ:河原
posted by s at 21:24 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

猫が集まった(あの河原)

猫が集まってきた
111031_1225~02.jpg111031_1221~03.jpg111031_1221~01.jpg111031_1217~01.jpg111029_1421~01.jpg111029_1425~01.jpg111029_1451~01.jpg
posted by s at 12:17 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

猫をみるひと(ふっかつしゃ)

この頃私が見た猫達の写真をここに置いておく
004.JPG007.JPG008.JPG009.JPG010.JPG011.JPG013.JPG014.JPG015.JPG


星をみるひとの動画も置いておく
posted by s at 02:53 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

猫の共食い(真偽不明、福島第一原発周辺に取り残された動物達)

福島第一原子力発電所周辺、避難区域の屋内に取り残され、飢えた猫達が共食いをしていたとの情報(真偽不明)


『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー 被災地、室内猫生存率10パーセント
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-2053.html

福島の避難区域に取り残された室内猫たちが共食い 飼われていた動物達が悲惨な状況に : 2のまとめR
http://2r.ldblog.jp/archives/4506689.html
posted by s at 10:45 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

猫の集会(用賀)

2011年4月21日(木)
世田谷美術館で白洲正子の展覧会を見た後の帰り道
2匹
mini_110421_16590002.jpg
塀の向こうに1匹
mini_110421_1701.jpg
歩いてきて柵に乗った1匹
mini_110421_17000001.jpg
離れた所に居た1匹
mini_110421_17010001.jpg
posted by s at 02:47 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

回向院の犬猫供養塔脇に生きる猫を見た事

2009年10月22日
江戸東京博物館で新版画の展覧会を観た後、両国駅から南へ歩いて回向院に参りました。
奥にペットの墓、大火震災罹災者の供養塔、小鳥供養塔、塩地蔵、水子塚、鼠小僧の墓、二世中村勘三郎の墓、竹本義太夫の墓など固まって立っている土地があって、その角に犬猫供養塔を見ました。
091022_1515~0001.jpg
その右脇に、一匹の生きた猫が佇んでいたのです。
これは面白いような切ないような心持ちになる景色である、そう思いカメラを向けたのであります。
091022_1515~0002.jpg
すると猫は立ち上がり、こちらへ歩み寄って来ました。
私は猫の頭を見ました。
091022_1515~0003.jpg
あッ、何んと、その頭には一枚の木の葉が載っていたのです。
狐狸の頭に葉を載せ、化けて人をだまくらかす話はたびたび聞く機会がありますが、ここでは本物の獣が木の葉を乗せて私のほうへやって来た、これはたいへんめづらしい事です。

091022_1516~0001.jpg
供養塔は三味線のばちの形をしています。
これは、三味線の胴皮に使われた犬猫の供養を意味しているのであります。
大阪の西成で見た猫塚は、三味線の胴の形をしておりました。
091022_1517~0001.jpg
上部は三味観世音ということです。


回向院ホームページ〜歴史の中で庶民と共に歩んできたお寺〜
http://www.ekoin.or.jp/
posted by s at 11:42 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

猫の集会(東小松川、写真は有りません)

2011年1月21日(金)20時30分頃
江戸川区東小松川の路地を茶猫が急いで駆けていたので従いていくと、数メートル先の狸の置物の有る社屋前で3匹の猫が集会していた、茶猫はそれに合流しようとしていたと思われるが、後ろから自転車に乗ったおっさんが演歌風の鼻歌を唸りながら来た為、3匹は速効で逃げて行った、茶猫も見失った、だから写真は無い
posted by s at 21:23 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

茂みの中に猫がいた

2010年12月14日(火)夜
東大島のローソンストア100の前
茂みの
101214_2122~0003.jpg
中に
101214_2122~0002.jpg
猫がいた
101214_2122~0001.jpg
posted by s at 23:23 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

猫の集会(若洲)

橋の上で東京湾のまるいもの()を見た後、橋を渡って若洲の海浜公園内の自転車道を行った
110101_0719~0001.jpg
海岸沿いを南下すると、四つ足の消波ブロックの上から、一匹の猫に見られていた
110101_0723~0001.jpg
マスクを取って声をかけようとしたら、逃げられた(歯や口を見られたのが原因か)
南端に着いたので西に行くと、作りかけの橋の裂け目の下に富士を見た
110101_0751~0001.jpg
110101_0751~0002.jpg
そこから北に行った所を先程とは別の猫が一匹歩いていて、従いて行くと猫の集会が始まった(五匹はいた)
110101_0817~0002.jpg
110101_0820~0002.jpg
110101_0824~0001.jpg
側にいたおじさんが猫の背中をごしごししていた
posted by s at 23:10 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

猫の言葉を話す少女二人を見た事

12月23日(木・祝)
素盞雄神社に行った()後、南千住図書館に行った
CDを借りて外に出ると、館前の広場や植え込みの上などを、小学校中〜高学年に見える少女二名がボールを投げ合ったり走りまわって遊んでいた
警備員が注意しようと近づいてきた
すると少女二名は警備員に向かって「ニャーニャー」と云った
それを聞いた警備員は「何んだ、猫の言葉か…」と云って帰っていった
そばの地面にへたっと座ったホームレスらしき白鬚のおっさんが、それを見て笑っていた
posted by s at 13:44 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする