2011年12月10日

月のうさぎ(メキシコの所謂『ボルジア写本』)、月蝕、(地球の影による)月のオカルテーション、蝕/掩蔽とオカルトのテーマ・ソングという事でEspersのMoon occults the Sunのライヴ動画を探すけど見当たらない

rabbitborgia.jpg
古いメキシコの写本に描かれた月のうさぎ(所謂『ボルジア写本』より)
画像元
Mexicolore - The Creation of the Moon

『ボルジア写本』の名はかつての所蔵者、ステファノ・ボルジア枢機卿の名に因む
Codex Borgia - Wikipedia, the free encyclopedia

全画像
FAMSI - Akademische Druck - u. Verlagsanstalt - Graz - Codex Borgia

ここにも面白いうさぎ画像が沢山ある(ヒエロニムス・ボス研究)
The Pictorial Language of Hieronymus Bosch, by Clement A. Wertheim Aymes

今日(2011年12月10日)は月蝕(皆既月食)が起こるという事で
蝕/掩蔽とオカルトのテーマ・ソングである
EspersのMoon occults the Sun(日蝕だけど)
のライヴ動画は無いかなと探したけれど
今、YouTubeにあがってるエスパーズのLive映像って音質画質尺まともに撮れてるのが殆ど無いんだった
まともなのこれぐらいだ
Espers - Trollslända Live at Stereo - YouTube

とんぼ

Moon occults the Sunはこのアルバムの最後に入ってる(Espers U)
posted by s at 11:39 | TrackBack(0) | 気象、星辰、自然、科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

「抱きしめたい!近代日本の木彫展」と所蔵作品展「ナチスに「退廃」の烙印をおされた美術家たち」を広島県立美術館でやっている事

広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/

ナチスに「退廃」の烙印をおされた美術家たち
2011年10月4日(火) 〜2011年12月25日(日) 
1933年にナチス政権が誕生すると,それまでワイマール共和国時代に発展してきたドイツの現代美術は組織的に抑圧され,反面,運営・イデオロギーの両面で政府の統制下に置かれたアカデミックな芸術が育成されるようになった。現代美術の面目を潰し,愚弄しようという目論見の展覧会が相次いで開かれていった。その頂点が,1937年7月19日にミュンヘンの考古学研究所で始まった「退廃美術展」である。
「退廃(entartete)」とは本来生物学の用語で,変異して生存しえない特殊な種を形容する。この語を利用して,ナチスは「健全でない」美術を晒し者にした。
展観されたのはドイツの公的コレクションから選ばれた約120人の芸術家の作品約650点。「退廃美術作品を選ぶように」という帝国宣伝相ゲッベルスの委嘱を受けて美術院長のツィーグラーがわずか3週間足らずで準備した展覧会だった。チラシには「苛まれたカンヴァス/魂の腐敗/病的な幻想/精神病的不能者/国立及び市立の機関が恥知らずにもドイツ国民の何百万マルクの金額もの財産を無駄遣いして買った」などと記された。3ヶ月余り開催されたこの展示には,200万人以上もが来場した。
ヤウレンスキー、カンディンスキー、ファイニンガー、クレー、シャガール、イッテン、グロッス、シュビッタースの『メルツ』等
出品リスト
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/upload/editor/files/20113room1.pdf


抱きしめたい! 近代日本の木彫展
2011年11月29日(火) 〜2012年1月15日(日)
竹内久一、高村光雲、高村光太郎、下村清時、山田鬼斎、米原雲海、平櫛田中、橋本平八、圓鍔勝三、舟越桂、三沢厚彦、須田悦弘等
出品リスト
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/upload/editor/files/mokurokumoku.pdf
こっちの方は
富山県の高岡市美術館 2011年8月10日(水)―9月19日(月・祝)
愛知県の碧南市藤井達吉現代美術館 2011年10月4日(火)―11月13日(日)
でもやっていた(知らなかった)
posted by s at 05:34 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

「絵双六と女性のおしゃれ史展」をとちぎ蔵の街美術館でやっている事

とちぎ蔵の街美術館 - 「蔵の街とちぎ」を代表する文化遺産
http://kuramuseum.com/
―ポーラ文化研究所コレクション―絵双六と女性のおしゃれ史展
平成23年12月6日(火)〜平成24年2月5日(日)
江戸時代初期に登場した「絵双六」は、木版技術の進歩と浮世絵師の活躍によって美しい彩色が施され、
江戸時代後期には双六文化が開花しました。
絵双六には、旅案内を兼ねた道中双六、歌舞伎を扱う役者芝居双六、
女性の一生や女性風俗など様々なテーマのものがあります。
明治期には、文明開化の風俗、教育双六、戦争などを扱った時事双六なども登場し、
後期になると雑誌の発刊とともに新年の付録用双六が多く制作され、
マスメディアを媒介として絵双六は多様な展開をみせました。
大正時代には、デモクラシー思想が反映して、双六も教訓的なものから、冒険、活動写真、
乗り物、漫画、スポーツ、ショッピングなど、生活に密着した題材が取り上げられました。
なかには、美顔術(エステティック)やヘアスタイルの最新流行、ファッション、
美人写真などを取り上げたものもあり、各時代の女性たちがどのような環境で学び、
装いを楽しんでいたのかを読み取ることができます。
本展では、絵双六や当時の化粧道具を展覧し、ファッション、生活風景から
女性のおしゃれ史をご紹介いたします。

監修:津田紀代(ポーラ文化研究所主任学芸員)

開館時間
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始(12月29日〜1月3日)

観覧料
一般/大・高校生:500(300)円  小・中学生:200(100)円
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介助者1名、未就学児は無料
※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 土曜日は栃木市内の小・中学生は無料
※ 毎月第3日曜日は「家庭の日」のため栃木県内の小・中学生は無料

○講演会「絵双六に見る女性のおしゃれ史」
講 師:津田紀代(ポーラ文化研究所主任学芸員)
日 時:12月10日(土)午後2時より
場 所:とちぎ蔵の街観光館2階多目的ホール
入場無料、(定員80名)

○こどものためのワークショップ「ソトミのおしゃれとナカミのおしゃれ」
日 時:1月9日(月・祝)午前10時〜午後5時
場 所:とちぎ蔵の街観光館2階多目的ホール、とちぎ蔵の街美術館
対 象:小学生くらい(小学生未満は保護者同伴)
定 員:30名(先着)
参加費:500円(保険料、材料費として)
申込み方法:12月28日(水)までに必要事項(@氏名A学年B学校名C住所D電話番号)を記入の上、美術館までファックス、またはお電話にてお申し込みください。

○初春 着物で美術館
日 時:1月22日(日)午前9時30分〜午後5時(着付けは午前中のみ)
場 所:とちぎ蔵の街観光館蔵座敷、多目的ホール
定 員:30名(先着)
参加費:1000円(着物一式レンタル、着付け、美術館観覧料込)
申込み方法:1月20日(金)までにお電話にてお申し込み下さい。

○学芸員によるギャラリートーク
日 時:12月17日(土)、1月7日(土)、1月21日(土)、2月4日(土)各日午後2時より
     ※観覧券をお求めのうえ、美術館受付までお集まりください。
posted by s at 12:47 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第36回全国大学版画展」を町田市立国際版画美術館で見た事

版画の彩展2011 第36回 全国大学版画展 | 展覧会 | 町田市立国際版画美術館
http://hanga-museum.jp/exhibition/index/2011-12
会期
2011年12月3日(土)〜12月18日(日)
休館日 毎週月曜日

会場
企画展示室第1・第2

入場無料

12月7日(水)見た

東京造形大学の藤木佑里恵という人の『導べ-Seven Stars-』という作品が特によかった
花や草、植物で出来た大熊 ふさふさした毛の獅子(灰) 小熊 星座 柄杓 北斗七星 溶けているような金属の輪 まるいものたち 歯車 方位磁針 編まれた髪のような何か 髪飾りのような何か 時計から垂れる鎖のような何か うろこ状の何か 熊の手 左下の小さな赤い楕円
ここに写真が載っている
東京造形大学 絵画専攻領域 ≫ 今年も造形大学がトップ! 第36回全国大学版画展
ここにも同じ作品が載っている
{Geno-Weblog 岡本玄介の銅版画・アート・デザイン作品と国内外の展覧会雑記}
ここでも別の作品が見れる(パザパアートのブログ)
ここ ここ ここ


他によかったものや気になったもの

筑波大学 小野修平 『entomofauna』
昆虫相 虫(蝶か)たち、毛の絡まりが気持ち悪くていい

筑波大学 佐藤あつこ 『the surface of the water』
草生す水際どす黒い水面

九州産業大学 大山由香 『森の中』
かわいい 子供たち グニャグニャした水紋 柔らかそうな木の上からの垂れ水

東京藝術大学 酒井誠 『森林』
かわいい 山椒魚の上に乗ったカモノハシ 蛙 きのこ 芋虫
公式サイト

女子美術大学 呉本舞子 『胃もたれの理由』
ぐにゃぐにゃの肉塊になった顔、歯

女子美術大学 松尾里佳子 『あかいずきんとしろいヤギ』
かわいい おばあさん 絵本
たぶん公式サイト 幌 horo

女子美術大学短期大学部 奥平恵理 『涅槃厨二』
虫下着を纏ったガールの涅槃

武蔵野美術大学 岩田廉 『ごくつぶしの世界 ソドムとヘドラ』
顔がヘドラ(『ゴジラ対ヘドラ』)の腹渦巻き土着神的なもの 倒れている背広アイロン顔突っ込まれ男 昭和アングラ的などろどろ感 蛙卵 はみで腸 豚の交尾 うみうし 鳥人間

山形大学 市村優佳 『私は「確かに在るものたち」をどう恐れていいかわからない』
点描されたまるいものの中の星座群と遺伝子やDNAのらせん構造、妊婦

山形大学 熊谷周三 『New Dialy』
上の段、ボロボロに成った掲示物のようなもの、よく読むと「平成23年〜、腕に点滴痕あり」等と、発見された遺体の特徴が書かれている事がわかる(東日本大震災の津波被害者であろう) 
下の段には更に判別不能な滲み 人の顔のような(遺体か)
リンクや写真等(アーティストファイル)

多摩美術大学 安井春菜 『夏のこどもたち "2011.3.11-8.15"』
瓦礫の堆積した歌津駅ホーム「二度と列車は来ない」「歌津が消えた」「砂岩の姫」等、短い詩が添えられている 歌津は宮城県南三陸町

京都造形芸術大学 Manfredini Mario Francesco 『ENERGY MONOGATRI 1.2』
素朴且つポップに描かれた日本の神々が登場する四段の絵物語 私には地の文が読めぬながらも絵と脇に添えられた名を読んでいくと、要石と大鯰や田心姫や建甕槌らが登場し、また内側に三つ巴を籠められた豆腐のような四つの四角いもの、それが壊れた様子が描かれており東日本大震災と原子力発電所の事故が描かれている事が分かる 下の段は天照大御神や月読なども描かれた地熱や水力発電か 壱〜参(アルファ〜ガンマ)津巴阿共命とは?
公式サイト?

大阪芸術大学 伊藤萌 『いつかのお昼ごはん』
淡く大きく刷られた、ちらし寿司のような、緑色のまるいもの(胡瓜か)と赤い何かの散りばめられた御飯
posted by s at 08:45 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

全裸で豚と過ごす女:ミル・キムのパフォーマンス

pigandkim.jpg
ニューヨークの廃墟やイスタンブールの寺院屋上等での全裸写真シリーズNaked City Spleenでも知られる
ミル・キムMiru Kim(公式サイト)による
2011年3月に発表された
豚小屋にて全裸で豚と伴に撮影した写真群
The Pig That Therefore I Am(このタイトルは下のパフォーマンスも含んだシリーズ全体を指して使われる事もある)

2011年12月のアート・バーゼル・マイアミ2011での
土と干し草を敷いたガラス張りの室内で全裸で豚と過ごすパフォーマンス
I Like Pigs and Pigs Like Me
についてのハッフィントン・ポストの記事
Art Basel Miami 2011: Miru Kim's 'The Pig That Therefore I Am' Exhibit (EXPLICIT PHOTOS)
http://www.huffingtonpost.com/2011/12/01/art-basel-miami-2011-muri-kim_n_1124033.html
写真が多いデイリーメールの記事
Art Basel 2011: Muri Kim's 'The Pig That Therefore I Am' Exhibit | Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2069002/Art-Basel-2011-Muri-Kims-The-Pig-That-Therefore-I-Am-Exhibit.html

I Like Pigs and Pigs Like Me

The Pig That Therefore I Am
「我豚なる故に我あり」
というタイトルは
デリダの
The Animal That Therefore I Am
「我動物なる故に我あり」
に由来

その更に批判対象としての元ネタはデカルトの「我思う故に我あり」
コギト・エルゴ・スム
Cogito ergo sum
I think, therefore I am

It's not that 'I think, therefore I am,' but rather, 'I am, therefore I feel.

キリスト教的動物観と仏教的動物観の違いについても述べている

今年の3月、ニュー・ヨークのDoosan Galleryでの写真展時のインタビュー
The Pig That Therefore I Am
http://www.coolhunting.com/culture/the-pig-that-th.php

父親は檮杌Do-olの筆名で知られる韓国の哲学者、金容沃との事
金容沃先生の娘キム・ミル氏「私は豚になりたい」 | Joongang Ilbo | 中央日報
http://japanese.joins.com/article/516/138516.html

個人での撮影はダメらしい
Nude Woman Living With Pigs In Art Exhibit Prohibits Photography | Pixiq
http://www.pixiq.com/article/Nude-Woman-Living-With-Pigs-Prohibitis-Photography

Miru Kim - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Miru_Kim
Do-ol - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Do-ol
posted by s at 05:32 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

レンブラントのエロ版画展をマイアミ・ビーチのワールド・エロティック・アート・ミュージアムでやっている事

REMBRANDT_EROTIC_SECRETS.jpg
アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ・ビーチにあるエロティック・アート専門美術館
:::::::::: World Erotic Art Museum ::::::::::
http://www.weam.com/

Rembrandt’s Erotic Secrets 「レンブラントのエロティックな秘め事」展
と題された展覧会をやっていて
レンブラントの卑猥な小秘画Rembrandt's Dirty Little Secretsと呼ばれる
レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン Rembrandt Harmensz. van Rijn
の版画(エッチング)群20点が展示されている
(裸が描かれてはいるが、エロティックとは云えぬ、ただの裸体画と呼ぶべきものもある)
公の美術館/博物館で、これらの全作品が揃って公開されるのは初めてとの事
(この中の幾つかは町田の国際版画美術館で同時に展示された事があるはず)
2011年11月29日から2012年3月31日まで

20 Erotic Etchings by Rembrandt

Historians have dubbed these works: "Rembrandt's Dirty Little Secrets," Curators and collectors have known for centuries of the 20 erotic etchings created in his lifetime, but for the first time in museum history, all 20 have been gathered together for a public exhibition. An exemplary showing of his masterful technique is seen through the subject matter including nudes, biblical subjects, Greek mythological studies, and every day life subjects. The artwork is courtesy of the Barony of Fulwood Trust will be on display in a newly created Rembrandt Gallery of the museum. The exhibition has been curated by the Baron of Fulwood and Naomi Wilzig, assisted by David Tamargo.

Opening Reception November 29, 2011
On view until March 31, 2012

http://www.weam.com/web/index.php?categoryid=22
に載っている出品作品リスト
アダムとイブ、ヨセフとポティファルの妻、尿する男/女、裸体画、トウモロコシ畑で性交する僧と女、ダイアナの水浴、ユピテル(ジュピター)とアンティオペ、横たわる黒人女性の背中等20点

Adam and Eve, 1638
adam.jpg
画像元

Joseph and Potiphar’s Wife, 1634
PotipharsWife.jpg
画像元

The ledikant (‘Le lit à la française’), 1646
ledikant.jpg
画像元

The Monk in the Cornfield, ca. 1646
monk.jpg
画像元

A man making water, 1631
manwater.jpg
画像元

A woman making water, 1631
womanwater.jpg
画像元

An artist drawing from a model, ca. 1639
model.jpg
画像元

Male nude, seated before a curtain, 1646
Study-From-The-Nude-Man-Seated-Before-A-Curtain.jpg
画像元

Male nude seated and standing (‘The walking trainer’), ca. 1646
mwb.jpg
画像元

The Bathers, 1651
bathers.jpg
画像元

Seated male nude, one leg extended, 1646
mle.jpg
画像元

Woman sitting half dressed beside a stove, 1658
ws.jpg
画像元

Nude woman, seated on a mound, ca. 1631
rembrandt-freud-2.jpg
画像元(レンブラントとフロイト)

Seated nude woman with a hat beside her, 1658
hat.jpg
画像元

Nude woman, bathing her feet at a brook, 1658
wf.jpg
画像元

Diana bathing, ca. 1631
diana-at-the-bath.jpg
画像元

Woman with the arrow (Venus and Cupid?), 1661
arrow.jpg
画像元

Jupiter and Antiope, 1659
JupiterAndAntiope.jpg
画像元

Jupiter and Antiope, ca. 1631
JupiterAndAntiope0.jpg
画像元

‘Negress lying down’ 1658
nld.jpg
画像元
posted by s at 06:06 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドの雑誌にヌード写真が掲載され、全イスラム教徒の恥等と非難されているパキスタン人女優、写真は加工された画像だと訴えるが雑誌側はその主張を否定する事

FHMindia誌2011年12月号
FHMindia12.jpgFHMindia01.jpg
左はネットのニュースに載ってる表紙、右はFHMindia公式サイトに載ってる表紙(雑誌中程に使われている模様)

FHMindia03.jpgFHMindia04.jpg
画像元
Veena Malik sues FHM India over 'fake' naked cover photo amid media storm | Metro.co.uk

FHMはFor Him Magazineの頭文字

ISIはパキスタンの諜報機関the Inter-Services Intelligence agencyの略称

パキスタンは旧イギリス領インド帝国のイスラム教徒地域

Veena Malik ヴィーナ・マリク 女優 モデル コメディエンヌ   (ベーナじゃないと思う)

公式サイト
http://www.veenamalik.com.pk/

フェイスブック Veena Malik - Official Page
http://www.facebook.com/VeenaMalik.OfficialFanPage

本人のものかどうか分からないツイッター
http://twitter.com/#!/veena_malik

Row over Veena Malik's nude picture in Indian magazine - YouTube


幾つかのニュース源
Veena Malik denies posing nude for Indian FHM - mirror.co.uk
http://www.mirror.co.uk/celebs/news/2011/12/02/veena-malik-denies-posing-nude-for-indian-fhm-115875-23605161/
Veena Malik sues over 'nude photo' in FHM India for £1.3 million in damages - mirror.co.uk
http://www.mirror.co.uk/celebs/news/2011/12/05/veena-malik-sues-over-nude-photo-in-fhm-india-for-1-3-million-in-damages-115875-23612029/
Veena Malik: 12 things you need to know about Pakistani model caught up in FHM India 'nude pose' storm - mirror.co.uk
http://www.mirror.co.uk/celebs/news/2011/12/03/veena-malik-12-things-you-need-to-know-about-pakistani-model-caught-up-in-fhm-india-nude-pose-storm-115875-23607092/
Veena Malik files for Rs100m in damages from FHM – The Express Tribune
http://tribune.com.pk/story/302174/veena-malik-files-for-rs100m-in-damages-from-fhm/
Pakistani actress alleges Indian mag doctored nude photos - CNN.com
http://edition.cnn.com/2011/12/05/world/asia/india-magazine-nude-photo/
posted by s at 02:43 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする