2011年12月31日

キリスト教に対する冒涜を理由にオーストリア政府から上映禁止、フィルム没収の処分を受けた映画はヴェルナー・シュレーター監督の"Liebeskonzil"であるらしい事

トルコの裁判所がネットでの宗教的侮辱/冒涜に対する起訴状を受理したニュース
Turkish court accepts online blasphemy case, ECtHR ruling precedent
http://www.todayszaman.com/news-266864-turkish-court-accepts-online-blasphemy-case-ecthr-ruling-precedent.html

他人の信仰を冒涜する表現の(自由の)制限
の判例として示されている、キリスト教に対する冒涜を理由として
1985年にオーストリア政府によって上映禁止にされ、フィルムが没収された映画
その後、欧州人権裁判所ECtHRでの裁判で、欧州人権条約第10条に書かれている表現の自由と
(9条に基づく)平和な信仰生活を享受する自由との対比が争点になり
判決(1994年)ではオーストリア政府による処分が支持される事になった作品
って何んだろう?

と思って調べたら
この映画は
Werner Schroeterヴェルナー・シュレーター監督(当時西ドイツ 2010年に死去)の
1982年の映画"Liebeskonzil"であるらしい
これの原作はOskar Panizzaオスカー・パニッツァによって1894年に書かれた劇で
この原作者の方も発表当時に涜神性、猥褻な性描写を問題視され有罪になったとか
映画の方は1983年にサン・パウロ映画祭で批評家賞を獲ったとか
そういうのは下のリンク先で得た知識です、間違い有ったら御免

Liebeskonzil – Wikipedia
http://de.wikipedia.org/wiki/Liebeskonzil
Das Liebeskonzil – Wikipedia
http://de.wikipedia.org/wiki/Das_Liebeskonzil
身体・病気・医療の社会史の研究者による研究日誌 自慰をするロンドンの花たちと精神病 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/akihito_suzuki2000/archive/2006/06/29

判決文
In the case of Otto-Preminger-Institut v. Austria
http://www.iidh.ed.cr/comunidades/libertadexpresion/docs/le_europeo/otto%20preminger-institut%20v.%20austria.htm

ヨーロッパ人権条約
Council of Europe - ETS no. 005 - Convention for the Protection of Human Rights and Fundamental Freedoms
http://conventions.coe.int/treaty/en/Treaties/Html/005.htm


どどいつ文庫のMemo帳氏に教えてもらったので追記
パニッツァの原作の日本語版
『血と薔薇』2号にオスカー・パニッツァ作・天上の悲劇『愛慾公会議』として、村田経和の抄訳と注解が載っている
血と薔薇コンテンツ2
http://homepage2.nifty.com/weird~/titobaramokuji2.htm
薔薇十字社本
http://www3.tky.3web.ne.jp/~taqueshi/rosencross.html
筑摩書房のパニッツァ全集に種村季弘訳『性愛公会議』として入っている
筑摩書房 パニッツァ全集 3 / オスカル・パニッツア 著
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480772039/
posted by s at 07:49 | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

南米の大統領達に癌が多発している事に意味を読み取ろうとしているチャベス(ベネズエラ)大統領の演説動画(英語字幕付き)

MUY MUY MUY EXTRAÑO
VERY VERY VERY STRANGE
とてもとてもとても奇妙だ

ロイター通信等は
南米首脳のがん続出は「米国の陰謀」=チャベス大統領 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE7BS01920111229
と、チャベスが「南米各国首脳の癌多発=アメリカ合衆国による陰謀説」を断定して語ったような見出しをつけているが
そうではない

チャベスは
“Yo no estoy acusando a nadie. Sólo estoy haciendo uso de mi libertad para reflexionar y emitir comentarios ante hechos muy extraños y difíciles de explicar”
「私は誰かを告発しようとしているのではありません。私はただ、この、とても奇妙で、理解しがたい出来事について考え、発言する自由を行使しているだけなのです」
と云っている

(explicarにはto explainだけでなくto understandの意味もある)

Hugo Chavez: "US Cancer induced Technology"?! Links to News below! - YouTube

演説があった日付は現地時間の2011年12月28日が正しいです

ニュース源
Chávez: “¿Sería extraño que hubieran desarrollado una tecnología para inducir el cáncer y no se sepa?” en Noticias24.com
http://www.noticias24.com/venezuela/noticia/60905/es-extrano-que-a-todos-los-lideres-de-latinoamerica-nos-este-dando-cancer-cuidate-evo/
Hugo Chávez hints at US cancer plot | World news | guardian.co.uk
http://www.guardian.co.uk/world/2011/dec/29/hugo-chavez-us-cancer-plot
がん続出、背後に米国? チャベス氏が陰謀説唱える - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111229/amr11122921120005-n1.htm
posted by s at 23:59 | TrackBack(0) | 他人の偶然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪男/イエティ/ビッグフットニュースその2:「イエティの指」と言い伝えられていたミイラ化した指が、DNA分析で人間のものと判明したニュース

パンボチェの手
pangbochehand.jpg
ネパール、パンボチェの仏教寺院に、イエティの手であるという言い伝えのあるミイラが所蔵されていた
1959年、アメリカの石油事業家で、探検家にして未確認生物の探求者であるトム・スリックの命を受け、イエティ探検隊として派遣されていたピーター・バーンがこの手から指を盗み取り、ハリウッド俳優ジェームズ・スチュワートの助けを借りて、スチュワートの妻の下着ケースに入れられた指はインドから密輸された
pangchefinger.jpg
指はイギリスの霊長類学者ウィリアム・オスマン=ヒル博士のもとに送られ、調査されたが、博士は1960年、指はネアンデルタール人のものであると結論を下した
その後、ミイラの指はロンドンの王立外科大学付属博物館に寄贈され保管されていた
パンボチェの手は、1990年代にアメリカのNBCのテレビ番組"Unsolved Mysteries"で取り上げられた後、寺院から盗まれてしまった
2011年にミイラの指のDNA分析が行われ、その結果、人間のものであると結論づけられた

画像元
Pangboche Yeti Hand - Unexplained Mysteries Image Gallery
http://www.unexplained-mysteries.com/gallery/images/1744/pangboche-yeti-hand
Yeti Finger Fails DNA Test
http://www.inquisitr.com/173633/yeti-finger-fails-dna-test/

ニュース源
BBC News - Yeti finger mystery solved by Edinburgh scientists
http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-edinburgh-east-fife-16316397
Infamous 'yeti finger' flunks DNA test - TODAY Tech - TODAY.com
http://today.msnbc.msn.com/id/45816366/ns/today-today_tech/t/infamous-yeti-finger-flunks-dna-test/

参考
Pangboche Hand - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Pangboche_Hand
Tom Slick - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Slick
William Charles Osman Hill - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/William_Charles_Osman_Hill
James Stewart - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/James_Stewart
Cryptozoology - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Cryptozoology
伝説の怪物「イエティ」の頭蓋骨と手 - プラチナム テレスコープ
http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/blog-entry-80.html

ニコラス・ケイジがトム・スリックを題材にした映画化を作る計画があったらしい
(が進展していないようだ タイトルは『トム・スリック:モンスター・ハンター』!)
Cryptomundo ≫ Tom Slick and the Search for Nicolas Cage
http://www.cryptomundo.com/cryptozoo-news/tom-slick-and-the-search-for-nicolas-cage/
posted by s at 18:45 | TrackBack(0) | 気象、星辰、自然、科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪男/イエティ/ビッグフットニュースその1:ロシア連邦南部のイングーシ共和国で雪男が捕獲されたという話が、ヤラセだったニュース

感動したのでメモ

雌だけど雪男 イエティ ビッグフット

動物園の客寄せ

ヤラセと判明する前の記事
ロシアの北カフカスで「雪男」捕まる: The Voice of Russia
http://japanese.ruvr.ru/2011/12/29/63102776.html

ヤラセと判明した後の記事
Proof of Bigfoot? Not Yeti | The Sun |News
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/4026510/Proof-of-Bigfoot-Not-Yeti.html

Bigfoot yeti new footage 12.2011 - YouTube
posted by s at 14:19 | TrackBack(0) | 気象、星辰、自然、科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

Laura Cantrellのアルバムが出ていた "Kitty Wells Dresses"

Laura Cantrellローラ・キャントレルという素晴らしい女性カントリー歌手、シンガー・ソングライターが居るんですが、暫く公式情報等チェックしていなかったので今年新しいアルバムを発表していたことを今になって知りました
1919年生まれの女性カントリー歌手、Kitty Wellsキティ・ウェルズに捧げられた"Kitty Wells Dresses: Songs of the Queen of Country Music"というアルバムです
ウェルズは全米カントリー音楽チャートで初めて1位になった女性で(その時の曲は"It Wasn't God Who Made Honky Tonk Angels")、カントリー音楽の女王と呼ばれる人です
1曲目の"Kitty Wells Dresses"はローラとAmy Allisonによって書かれた新曲で、残りはキティ・ウェルズの曲のカヴァーです



Laura Cantrell "Kitty Wells Dresses" - wee promo film - YouTube


公式サイト
http://www.lauracantrell.com/

myspace
http://www.myspace.com/lauracantrell

Laura CantrellがDJを務めるラジオ番組
The Radio Thrift Shop@WFMU
アメリカーナ音楽、カントリーや古いジャズ、ブルーズ等が流れます
http://www.wfmu.org/playlists/RT

フェイスブック
http://www.facebook.com/pages/Laura-Cantrell/142410649150098


今年のライヴ動画
Studio 360: Laura Cantrell performs "I Don't Claim to Be an Angel" - YouTube

Laura Cantrell Sings Kitty Wells - Studio 360
http://www.studio360.org/2011/jun/17/laura-cantrell-sings-kitty-wells/

Laura Cantrell - It wasn't God who made Honky Tonk Angels. Live London 8 May 2011 - YouTube
posted by s at 23:58 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

四角い後光は生きている人を表す事

6世紀から11世紀頃にかけてのイタリアのキリスト教美術において
頭部の後ろ周りに四角い後光(halo、nimbus、aureole 光輪と訳される事が多いけれどもこれは四角いので後光とした 光背だと背後全体をカヴァーする感がある)
を伴って描かれているのは、その図像が制作された当時、生きていた人物(教皇や寄進者等)です
円形の後光を伴って描かれる物故者である聖人たちと区別されています

サンタ・プラッセーデ教会の教皇パスカリス1世
apse-pope-paschal.jpg
同教会サン・ゼノ礼拝堂、教皇の母テオドラと聖人達(プラッセーデPrassede、プデンツィアーナPudenziana、アグネスAgnes)
theodora.jpg
画像元
Square - Christian Symbols - ReligionFacts
http://www.religionfacts.com/christianity/symbols/square.htm
ここにも画像あり
オペラと美術の旅 サンタ・プラッセーデ教会
http://belcanto.music.coocan.jp/2011/2011-5-v-roma-2.htm
トラステベレ地区とドムス・ロマネをめぐるローマの一日 - 旅倶楽部「こま通信」日記
http://blog.goo.ne.jp/komatsusin/e/907c781aff1bc2aaedbec40de52abea0
Santa Prassede - Rome, Italy
http://www.sacred-destinations.com/italy/rome-santa-prassede

他参考サイト
Category:Square halo - Wikimedia Commons
http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Square_halo
Halo (religious iconography) - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Halo_(religious_iconography)
CATHOLIC ENCYCLOPEDIA: Nimbus
http://www.newadvent.org/cathen/11080b.htm
The form of the symbol was first definitely determined by Gregory the Great who (about 600) permitted himself to be painted with a square nimbus. Johannus Diaconus in his life of the pope, gives the reason: "circa verticem tabulae similitudinem, quod viventis insigne est, preferens, non coronam" (bearing around his head the likeness of a square, which is the sign for a living person, and not a crown.) (Migne, "P.L.", 75, 231). It appears to have already been customary to use the round nimbus for saints. In any event the few extant examples from the following centuries show that, almost without exception only the living, principally ecclesiastics, but also the laity and even women and children, were represented with a square nimbus.
The Geometry of haloes ≪ The peacock's tail
http://pavlopoulos.wordpress.com/2011/08/26/the-geometry-of-haloes/
gregorythegreatandfamil.jpg
Once I Was A Clever Boy: St Gregory the Great
http://onceiwasacleverboy.blogspot.com/2011/03/st-gregory-great.html
JohnVII.jpg
Byzantium
http://faculty.colostate-pueblo.edu/beatrice.spade/byzantine.htm
Amazon.co.jp: The Square Halo and Other Mysteries of Western Art: Images and the Stories That Inspired Them: Sally Fisher: 洋書


三角形(三位一体)や六角形(徳の擬人像、ジョット等)の後光の事は気が向いたら纏めます
posted by s at 03:51 | TrackBack(0) | 絵ら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

空から落ちてきたと思われるまるいものニュース(ナミビア、金属球)

metallicballnamibia.jpg
先月ナミビアのOmusati Onamatunga付近で発見された重さ6キロ直径35センチメートル、外周1.1メートルの金属球(中身は空洞らしい)
発見場所周辺では爆発音が聞かれていたとの事


幾つかのニュース源
空から降ってきた謎の鉄球、その正体は?ナミビア 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2847077/8223830
AFP: "Space ball" drops on Namibia
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jsNmCG-1OfkofGh9URvt1h_V-_8g
the Namibian: Metal ball from space falls in Omusati Region
http://www.namibian.com.na/news/full-story/archive/2011/december/article/metal-ball-from-space-falls-in-omusati-region/
‘Mysterious’ space ball drops on Namibia − nothing mysterious about it - BlogPost - The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/blogs/blogpost/post/mysterious-space-ball-drops-on-namibia--nothing-mysterious-about-it/2011/12/23/gIQAlaXiDP_blog.html
Metallic spaceball: Metal sphere that fell to Earth sparks alien speculation | Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2077708/Metallic-spaceball-Metal-sphere-fell-Earth-sparks-alien-speculation.html
UFO NEWS | Namibia: Metallic Sphere Lands Near Omusati Region; NASA and the European Space Agency Investigating
http://www.theufochronicles.com/2011/12/ufo-news-namibia-metallic-sphere-lands.html
posted by s at 05:14 | TrackBack(0) | 気象、星辰、自然、科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする